青森県民なら知らない方はいない、多くの方が購読されている地方紙「デーリー東北」の本社前にレストランがオープンする事になり、本日地鎮祭に伺いました。

デーリー東北地鎮祭01
斎場は大型のテントが張られ、その中に祭壇を設けました。

デーリー東北地鎮祭02
施主は株式会社デーリー東北新聞社殿、施工が小幡建設工業株式会社殿で、レストランなどの運営は、現在白銀にある「俵屋」殿が移転して運営にあたるという事で、多くの関係者参列により執り行われました。

デーリー東北地鎮祭03
地鎮の儀において、穿初之儀の際は、デーリー東北社長と俵屋社長の2名にて鍬入れを行いました。

デーリー東北地鎮祭04
開店時期は今年11月という事で、待ち遠しくも楽しみな思いを抱きながら、滞りなく納められました。