今年度の八戸三社大祭があと2か月半と差し迫る中、龗神社行列に供奉する「新井田附祭振興会」殿が山車制作を始めるにあたり、安全祈願祭を執り行いました。

山車小屋にある台車の前に祭壇を構え、各所を清め祓いし、参列の関係者全員が玉串奉奠を行いました。

新井田附祭振興会

八戸三社大祭は、3つの神社が執り行うようになって、今年で130年目を迎えます。

この節目の年を迎え、本日の新井田附祭振興会を含め、全ての山車組の方々がその思いを凝らして制作された山車で、多くの方々が楽しんで頂けることを期待しております。